2006年03月07日

不気味なほど

bsplayerのskinの作り方について調べてたら関係無さげなところがヒット
動画プレーヤーによるCPU負荷の違いHIROSHI room
話題になってるVLC media player
グラフによるとCPU負荷は他のプレーヤーと比べ物にならないほど少ない
前にも何回か書いたけど補助でつかってるノートはブラウザ開くのに一苦労な性能で
これで動画を見るっていう考えは捨ててた
でそのノートでVLC media playerをかなり期待しつつ使ってみたけど
期待を裏切らず病的に軽い
最初の読み込みが少し怪しいけど巻き戻してやればほとんど問題無しに再生できた
(DivX,XviDは楽勝でこころもちWMV9が苦しそう)
軽さだけを求めるなら今のところ最強候補じゃないかな
何気にマルチランゲージで日本語対応してるのも加点ポイント
ノートにはとりあえず入れとこう
メインPCでは例のごとく軽さは体感できるほどでもないんで今のままbsplayerを使い続ける方向で

動作が軽いよ!って薦められて使い始めたbsplayerだけど特に「軽い」ということは体感できずに
それまで使ってたWMPに比べて外観がすっきりしていたのと画面クリックで一時停止というのが俺にはツボで使い続けてきた
Media Player Classicも一時期試してみたけどbsplayerのほうが好き
対応形式が多いんでMPCも一応入れっぱなしにしてる
skinもちょこちょこ触ったりして愛着も出てきてるんでbsから乗り換えは当分ないかな

そういや軽いってなんだろうね
立ち上がりが早い→軽い って表現を何箇所かで見てよく分かんなくなってきた
動作中にストレスを感じない→軽い で俺は書いてるんでなんかあったらごめんなさいね
posted by nerisabi at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 / ソフト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。