2005年11月19日

レーザー

今話題のMicrosoft Laser Mouse 6000はIntelliMouseOpticalユーザーの俺としてはかなり気になる一品
ぬめぬめホイール毛嫌い派としてはWPC EXPOのときの4Gamerでのホイールの操作感のレポを見て期待してたけど11/18の4Gamerのレビューによるとどうも全体的に微妙らしい
ボタンの配置なんかは旧日本軍のごとく装備のほうに体を合わせるようにするけど
読み取り能力が低い点やドライバの問題は致命的
ゲーマー向けということだがMSがどの程度ゲーマーのほうを向いてくれているのかの実感が無いため改良にかかる時間が読めない
少なくとも今の時点での購入は無しだ

まぁそれ以前にIntelliMouseOpticalで満足してる現実があるんだよね
でもいいモノなら欲しいなぁ…

ちなみにバルクでもりもり出回ってるIntelliMouseOptical
実は初期型と後期型があって読み取り性能が後期型のほうが優秀らしい
後期型は裏面の受光部周辺が内側の作りのせいで丸く囲まれているように見えるそうだ
posted by nerisabi at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PC関連 / 周辺機器 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9541934
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。